強力な手作りのオリジナル名刺はどこで作るのかについて考える

名刺

名刺でも第一印象が大切

あなたの第一印象を決めるものとしても名刺は大切なものです。ここを手抜きしていると、大事な商談にも響きます。名刺作成をきちんとしたい、そういった希望のある方はぜひアドプリントをご利用ください。納得のデザイン、質を兼ね備えた素敵な名刺をつくってもらえるのでよいですよ。


ビジネスの場面のみならず、最近は幼稚園の子を持つ親のコミュニケーションツールとしても活用されている名刺ですが、あなたの名刺を受け取った相手方にとって、印象に残るような出会いにしてくれる、そんな名刺を作る際、どんなことに気を配っておればいいのでしょうか。まず、ビジネスシーンにおいては、会社名、氏名、連絡先がきちんと明記されていることは当然です。相手からすれば、名刺はあなたとの出会いの記録ですから、必須項目に漏れがないこと、パッと見てわかりやすいフォントで、適度な間隔、文字が大きすぎないということに注意しておくべきです。
しかし、名刺は会社からの一括支給のため、個人でレイアウトを変更することができない場合は、名刺の余白に手書きのメモを記入したものをお渡ししてみましょう。メモは、よろしくお願いします、だけでも十分他社との差別化がはかれるし、営業活動の第一歩をスムーズに踏み出せることでしょう。
一方、プライベートで名刺を持つ場合、自分で作成するにしても、業者に依頼するにしても大切なのは、どこまでの情報を載せるかです。不特定多数の目に晒されることを考えると、あまり多くの情報を記載することはオススメできません。が、個人が特定されなければ名刺を配る意味がないし、可愛い子どもとの写真を載せたい気持ちもわかりますが、せいぜいシルエットぐらいにとどめ、連絡先もメールアドレスのみ記載するなど工夫が必要です。

名刺には付加価値をつけることが大切

仕事をする場面において、高い利用頻度を誇る名刺。皆さんは、そんな名刺をどのように捉えているでしょうか。もしも、ただの自己紹介ツールとして捉え、利用しているのであれば、もったいないと言わざるを得ません。名刺は仕事のパートナーともなりえるものであり、営業マンのような働きをしてくれる道具です。具体的には、名刺に付ける付加価値を選別することで、相手へ与える印象を操作することが可能となります。例えば、相手に仕事ができそうだと思わせたいのであれば、自身が所持している資格を載せたり、これまでしてきた経験を載せたりすることで、実績のある人、頼れる人という印象を与えられます。
このような視点でみれば、名刺をただの自己紹介ツールとしているのは損であると言えます。さらに、名刺を消費者の心理的プロセス「アイドマの法則」に当てはめた場合、連絡先だけが記されている名刺は、認知、感情、行動という段階のうちの最後、行動段階に位置します。行動段階に位置してしまうということは「あの人に連絡を取りたい」と思わなければ、名刺が活きるタイミングはこないということです。
しかし、名刺に強い印象を持たせることができれば、認知段階へと格上げされ、連絡しようという感情をより引き寄せやすくなります。名刺についてあまり考えたことがないという方は、これを機に、名刺に付ける付加価値を考えてみてはいかがでしょうか。

あなどれない!強力な手作り名刺

名刺、というと一昔前まではビジネスマンの仕事道具でしたが、現代社会では誰が持ってもおかしくないものとなりました。学生さんや主婦の方でも、リアルな場での社交関係を深めるために欠かせない、大切なツールであると言えます。印刷会社などのプロにお任せすると、期待にそった美しいもの・クールなものを作ってもらえるのですが、「いきなり数百枚単位で作るのはちょっと…」と及び腰になる方も多いかもしれません。
筆者が以前経験したことなのですが、あるハンドメイド・クリエーション系のイベントに行った際、かなり多くの「手作り名刺」をいただいたことがあります。場所柄、みなさんDTPよりもハンドメイドでものをこなす状況に慣れていらしたのでしょうが、それでも印象的な名刺ばかりで、心底うなってしまいました。若いアーティストさんたちにもらったその名刺は、例えば和紙に肉筆の筆書きで記してあるものや、折り紙のように変形してあるものがありました。再生紙を利用した手すきの紙に押し花・押し葉などがすきこまれているものなどは、ほぼ芸術品としか思えません。
そこに連絡先に添えて「よろしくお願いします」と小さく書かれていると、この名刺が与える印象は莫大なものになります。どういった名刺を作るかは個人の好みでよいと思いますが、枚数が少なくてよいのであれば、手間をかけて手作りに挑むのもよいかもしれませんね。

Contents

TOP